Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

仕事で疲れたあとに聴きたい名曲 10選!!

f:id:bohemians:20191020004705j:plain

どうも、あんさんです。

仕事って疲れますよね。その疲れはいろいろな理由から来ていると思います。

自分が考えた企画がようやく通った。逆に、また通らなかった。上司に褒められた。つまらないミスをした。ヘマをしでかしたり、一方で誰かに感謝されたり。

ホッとため息とともに漏れるのが、疲れだと思うのです。今日は、そんな疲れた体や心に沁みる名曲を紹介していきます!

竹原ピストル『ぼくは限りない~One for the show~』

生活や人生を感じさせるその世界観は、私たちが生きている状況と限りなく近く感じます。

ギター片手に全国を飛び回る歌うたいによる唄は、疲れた私たちの心にガツンと響くと同時に、 明日も頑張ろう!と思わせてくれるパワーをくれます。

個人的に、特にこの曲は、以下のプレイリストの最初の一曲に最適だと思うのです。

andymori『シンガー』

シンガー

シンガー

  • provided courtesy of iTunes

「なんだか疲れてしまったね まいってしまったね」

優しい歌声にのって、そんな歌詞からこの曲ははじまります。

ギターのリフレインと叙情的ベースとドラムのリズムに乗って、疲れをそっと包み込んでくれる気がします。

玉置浩二『田園』

田園

田園

  • 玉置 浩二
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

目を閉じて聴けば、照らされた緑に囲まれたあぜ道が思い浮かびます。

辛いことがあった人は、この曲を聴けば「些細なことさ」と前を向けます。良かったことがあった人は、この曲がそのままファンファーレになるでしょう。

シンプルだけど力強いエールをくれる曲です。

中山うり『月とラクダの夢を見た』 

月とラクダの夢を見た

月とラクダの夢を見た

  • provided courtesy of iTunes

仕事というのも、ある意味で長い旅だと思います。

果てしない旅の途中、ふと立ち止まり、顔を上げた時に流れるような楽曲です。

伸びやかなアコーディオンの伴奏と、ハスキーな歌声が、疲れた心を毛布のように包んでくれます。

MONKEY MAJIK『Livin'in the sun』

Livin' in the sun

Livin' in the sun

  • provided courtesy of iTunes

 MONKEY MAJIKの楽曲の魅力は、洋楽らしさを全面に出しているかと思いきや、その実、日本らしさを通底させているところでしょう。

どこか切ない歌詞と、アコースティックギターのリズムに彩られたメロディ。ホッと一息ついたとき、夕日を眺めながら聴きたい曲です。

奇妙礼太郎『君はセクシー』

君はセクシー

君はセクシー

  • provided courtesy of iTunes

どこか危うげな彼女を、そっと見守るような歌詞が美しさを感じます。ジャズやブルースの雰囲気をまとっていて、おしゃれな雰囲気です。

スローテンポなのに、どこか心の奥底を熱くさせるエモーショナルさも感じ、一日の終わり気持ちよく迎えられそうです。

手嶌葵『流星』

流星

流星

  • provided courtesy of iTunes

吉田拓郎の名曲を、手嶌葵がカバー。深い慈しみと優しさに溢れる歌詞を、彼女の透き通った歌声が奏でます。

「ああ、今日も頑張ったな……」

そう夜空を見上げたときに頭の中で流れる名曲です。

Rickie-G『Life is wonderful』

Life is wonderful

Life is wonderful

  • Rickie-G
  • レゲエ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

日本のボブ・マーリィーだと勝手に思っています。アコースティックな音源をもとにした昔ながらのレゲエに癒されます。

上で紹介した中山うりの楽曲のように、こちらも旅情を感じさせてくれます。

歩き疲れ、ふと立ち止まって、この曲を思い出せたらその一日は良い一日だと言えそうです。

Fishmans『いかれたBaby』

いかれたBaby

いかれたBaby

  • provided courtesy of iTunes

日本のダブバンドでは一番有名なんじゃないでしょうか。1999年にボーカルが急逝してから活動を休止していまいましたが、方々で語り継がれるバンドの一つです。

ゆったりとしたレゲエのリズムに、ボーカル佐藤伸治の浮遊感のある歌声で、心が夜空に飛んでいきそうです。

モアリズム『きのうの神様』

きのうの神さま

きのうの神さま

  • モアリズム
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

西川美和『ディア・ドクター』(2009)の劇中曲。

伴奏なしで流れるブルースハープのメロディに、慌ただしかった心が徐々に落ち着きを取り戻していく感じがします。

一日の終わりを優しい心で迎えられそうな楽曲です。