Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

モンベルのHelinoxと他の違いはなに? どれを選べばいいの? 種類と機能を紹介!

f:id:bohemians:20190830131523j:plain

pitarest.jp

どうも、あんさんです。

みなさんは「Helinox(ヘリノックス)」というブランドを知っていますでしょうか?

アウトドア向けの折り畳み椅子で名を馳せた、韓国のブランドです。その独特なフォルムなんかは、キャンプ場なんかではよく見かけます。

もともと「DAC」というテントポールを作るメーカーでした。軽くてしなやかな性能で、国内外山岳テントの多くがここのメーカーのポールを採用していると言われています。

その耐久性と携帯性で、いまではチェアといえばヘリノックス! という勢いでシェアを伸ばしています。

それだけに種類も増え、「欲しいけれど、どれを選べばいいかわからない!」という方も増えてきたのではないでしょうか?

 

ホーム・デコ&ビーチ

f:id:bohemians:20190830132114j:plain

helinox.co.jp

ヘリノックスのチェアには、大きく二つのシリーズに分かれています。その一つがこの「ホーム・デコ&ビーチ」です。

鮮やかでカラフルな色使いを座面にあしらっており、家具をイメージした製品を展開しています。

座面の生地は化繊ですが、さわるとコットンのような感触で、座るとしっかり体にフィットするような心地がします。

 

タクティカルサプライ

f:id:bohemians:20190830133143j:plain

helinox.co.jp

もう一方のシリーズには「タクティカルサプライ」というものがあります。

その名の通り、ミリタリー系統の配色を座面に使い、アウトドア感を演出しています。

また、生地はツルツルしていて撥水加工もされています。座面両サイドにはポケットがついていて、外で使うことを強く意識したデザインになっています。

 

Helinox(mont-bell)

f:id:bohemians:20190830140600j:plain

helinox.jp

国内大手総合アウトドアブランドである「モンベル」でも、ヘリノックスを取り扱っています。

しかし、上記のシリーズとは若干デザインが異なるのです。色使いもそうですが、大きく違うのは座面にメッシュが使われていることです。

こうすることによって、本体の重さが少しだけ軽くなっています。

耐久性や携帯性などは上記のシリーズと変わりません。ただ、生地がメッシュになっている分、座り心地に変化があると思います。

 

チェアでもいろいろあります!

ヘリノックスのチェアには様々なデザインのものがあります。

チェアワン

ヘリノックスのチェアの中でも一番オーソドックスな形のものです。

四角型の座面で、腰部から肩の下あたりにかけてしっかり支えてくれます。

DACの堅牢なポールで作られている骨組みにより、140kg以上の耐荷重を誇ります。座って壊れるようなことはまずありませんね ( ´∀` )

他にも、座面が大きくなったLXLタイプや、片手で持てるサイズのミニなどもあります。

チェアツー

座面が頭の後ろまである、いわゆるハイバックチェアのモデルになります。

座面が縦に大きくなったため、畳んだときはチェアワンより大きくなっていしまいます。

しかし、頭をあずけられ、なおかつ別売りの枕なんかも取りつけられるので、快適度はアップしています。

座高の高さ、耐荷重などはチェアワンと変わりません。

サンセットチェア

チェアワン、チェアツーの要素を合わせ、一回り大きくしたモデルです。

チェアツー同様、体へ接する面積が広く、枕もとりつけられます。また、背丈が高い分、座った状態からの立ち上がりがラクです。

収納したときの大きさは、ほかのモデルの中では最大になりますが、とにかくゆったり座りたい! という方にオススメのモデルです。

 

選び方

ヘリノックスのチェアを選ぶだけに限らず、こうしたギアを選ぶ際に注意しなければならないのが、どういったシーンで使うかです。

部屋で使うなら携帯性はそこまで重要じゃありません。

一方、登山で使うなら携帯性は最重要ではないでしょうか。

また、キャンプ(スタイルによりますが)で使うならテントの色にあったものや、汚れにくいもの、など考えないといけません。

ざっくりと基準を言うなら、

  • 多用なシーンで使いたい! ➡ チェアワン
  • 携帯性もありながら、ゆっくりとくつろぎたい! ➡ チェアツー
  • とにかく頑丈で、くつろげるイスがほしい! ➡ サンセットチェア

となります。

 

皆さまも機会があれば、ぜひ座ってみてください。きっと、ヘリノックスのチェアしか選べなくなると思いますよ!