Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

ソフトシェル・フリース・ダウンジャケット それぞれの特徴は? 登山で使うタイミングはいつ?

f:id:bohemians:20190907012051j:plain



どうも、あんさんです。

山の上では――標高にもよりますが――夏場でもけっこう寒かったりします。

けっこう寒いってものじゃないときもあります。もうそれはそれは、このまま死んでしまうんじゃないかと思うほどのこともあるのです。

あんがい、命にかかわる防寒着の取り扱い。今回はこれについて書いていこうと思います。

 

ソフトシェル

 

長所:軽さ・機動性

短所:保温力

別名ウィンドブレーカー。

その名の通り、風を遮断してくれる機能があるので、外気による体温の低下スピードを落としてくれます。

ただ、体を温めるより、これ以上体温を下げないことを目的としたアイテムになりますので、これ一枚でほっかほかになることはありません。

小さくまとまってくれるところも魅力です。

着るタイミングとしては、冷たい風が強めに吹いてきたときがいいでしょう。

 

フリース

長所:保温力・機動性

短所:携帯性

秋の始めから春の終わりまで、長期間にわたって使用されるアイテムです。

モノにもよりますが、薄手で肌触りのよい生地でできています。

伸縮性のあるものも多く、動きやすく速乾性もあり、アウターにはもちろん、インナーとしても着ることができます。

ただ、いくら小さく畳んでもかさばってしまいます。荷物を一つのザックにいれて持ち運ばなければいけない登山では、この部分がかなりネックになってしまいます。

着るタイミングとしては、行程中に寒くなってきたときがいいでしょう。

 

ダウンジャケット

長所:保温力・携帯性

短所:耐久性

軽くて、小さくまとまってくれるのはソフトシェルと同じですが、こちらは圧倒的な保温力を誇ります。

ただ、水に濡れてしまうと中身(羽毛)が固まってしまって肝心の保温力が格段に下がってしまいます。また、外側の生地も薄手のものが多く、何かに引っかけるとすぐ破れてしまいます。行動着として使うのはオススメできません。

着るタイミングとしては、どうしようもなく寒いときでしょう。

 

まとめ

荷物を減らしたい!

重たいザックを担いで山を登る人の多くはこの願望にとりつかれ、上のアイテムのどれかを抜いてしまいたくなります。

しかし、基本的にはすべて持って行ってください。

行程中に着るのはソフトシェル

行程中、寒くなってきて着るのがフリース

行程が終わり、テントや山小屋で切るのがダウン

こうした使いわけをしっかりすれば、快適な山行が楽しめると思います。