Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

日記を続ける3つのコツ!!

f:id:bohemians:20191019010809j:plain

どうも、あんさんです。

みなさんは夏休みの宿題なんかで、日記が出たことはないでしょうか。

私は夏の友なんかより、あの日記が一番嫌いでした。そんな書くようなことが毎日あるわけでもないわけで、いったい何を書けばいいか、思い悩んでいました。

そんな私は成人してから、一年以上日記を書いていました。どんな時も欠かさずペンをノートに走らせることができたコツを、ここでは書いていこうと思います。

コツ① モノにこだわってみる

f:id:bohemians:20191019011750j:plain

ここで言うモノとは、ツールのことであり、具体的にはノートとペンです。

日記だけに限らず、何かを続けようとするのなら、まず道具の選定をしっかりしないといけません。

道具選びに力を入れると、気持ちが引き締まります。物事をやろうとしっかり臨む姿勢が整うのです。

私はノートはツバメノート、ペンはジェットストリームを使っていました。

コツ② 成功体験を積む

f:id:bohemians:20191019012937j:plain

また、ノートも枚数が多いものよりか、出来る限り少ないもの方がいいです。なぜなら成果がすぐ見えてくるからです。

仮に、一日一ページ書いたとすると、すぐにノートは埋まってしまいます。すると、ノート1冊分書ききった証拠が生まれるのです。その証拠はそのままあなたの成果となり、そして自信になります。

僕は、わたしは、続けられた! 日記に限らず、小さなものでも、この成功体験が続けるコツです。

コツ③ 内容にこだわらない

f:id:bohemians:20191019020543j:plain

道具にこだわる一方で、内容にはこだわらないことが重要です。

おそらく、これが一番重要かもしれません。なぜなら、日記が続かなくなる最大の理由が、書くことがなくなるからです。

書くことがないのなら、「今日は特に書くことはありません」と書けばいいのです。疲れて書けないのなら、「疲れて書けません」と書けばいいのです。

誰かに見せるものでもないのですから、内容はそれほど重要ではないはずです。

 

最後に

何を続けるにしても、こだわりというのは重要です。

ただ、こだわり過ぎて様々なルールを作ってしまい、それに自らが縛られてしまうというのもよくある話です。

力の入れるところと、抜くところを見極めることがやはり大事なのです。