Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

初めてのシュラフ! 選ぶならやっぱりアルパインダウンハガー800 #5?

f:id:bohemians:20190811010843p:plain

どうも、あんさんです。

この記事は、何らかの理由でシュラフ(寝袋)が必要になった人に向けた記事です。

シュラフを取り扱っているメーカーは様々ありますが、その中でも特に有名な「モンベル」のシュラフはご存知でしょうか?

アルパインダウンハガー800 #5 とは?

f:id:bohemians:20190811001704j:plain

mercari

その昔、ワンダーフォーゲル部に所属していたときのことです。私を含め、他の部員のほとんどはこのシュラフを使っていました。

なぜなら、とってもコンパクトなんです。

お値段は18,900円+税とちょっと高めに思えるかもしれませんが、そのスペックからしたらとってもコスパもいいんです。

 

 

その性能

大きく三つ挙げられます。

  1. コンパクト性が高い
  2. まぁまぁ温かい
  3. 生地が伸びるので、寝返りがうちやすい

小さくまとまるのでバッグに忍ばせることができますし、頭からすっぽりかぶれば気温5℃でも耐えられます

また、中の生地が伸びてくれるので、ふとんの中に入っているような寝心地です。

使ってわかったデメリット

そんなアルパインダウンハガー800 #5ですが、上記のようなメリットの他にはデメリットもあるのです。

  1. 水に濡れたら終わり
  2. 高い標高の山で寝泊まりするときは、すこぶる寒い

このシュラフに限らず、ダウンを使ったものは濡れるとダメになります。

なかに入っているダウンが水を吸って玉になり、もとのフワフワとした感じは復活してくれません。そうなると、あれほど暖かかったシュラフただの布きれです。

上で「まぁまぁ温かい」と書いた理由になりますが、夏場でも5℃をへいきで下回る高山では、眠れないほど寒いです。

特に朝。

湯を沸かす鍋を持った手が、ガチガチとマンガのように震えて止まらなかったのを覚えています。

まとめ

使用用途によって選んでください。

シュラフは安いものから高いものまで、ピンキリです。使用する状況をシミュレーションして、それに合ったものを選んでください。

最後に、オススメのシュラフメーカーのブランドをいくつか挙げておきますので、ご参考にしてみてください。

 

 

 

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア450X ロイヤルブルー [最低使用温度-6度]

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア450X ロイヤルブルー [最低使用温度-6度]