Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

【実話】なかひま、仕事辞めたってよ。

みなさんこんにちは!

f:id:bohemians:20190825023550p:plain

自称ゆとり世代代表、なかひまです。

 

今回はほんのちょっとだけ真面目な話。

誰かの何かの為になればいいなと思い

書かせて頂きます。

 

※全て個人的な意見なので悪しからず※

 

 

なかひまって普段何してる人なの??

と言う声が聞こえてきそうで聞こえてこないので

自分から話します(笑)

 

 

私、なかひまは正社員として就職してから1年と少しで退職しました。

 今は転職活動中です。(といってもほとんどしてません笑)

 

 

大学を卒業して、就職をしました。

 

「大卒だから」という見えない声に囲まれ、

何の疑問も抱かずに普通のレールを進みました。

そのレールには幾人もの人が前を歩いており、

比較的安全な路が築かれていました。

 

しかし、私はこの路を進んでみると、物凄くつまらなく、

夢が無く、諦めをベースに築かれているレールだと感じました。

(もちろん、仕事が楽しいと思えたり、好きなことが仕事だっり、やりがい、生きがいだったりする人もいるのは事実です!そんな方々は本当に幸せだと思います!)

 

こんなこと言うと必ず

 

入社したばっかりのガキが何を言ってんだ。長年勤めれば見えてくるものもある。それを我慢するのが社会人だ。仕事でのやりがいは工夫次第。ゆとり世代が何か言ってる。

 

といった意見を頂きます。

 

これらの意見はどれも正しいと思います。

しかし、私にはどうしても納得がいきませんでした。

 

死ぬまでやりたくもない仕事をやり続けるのか、退職したときにお金があっても

健康な身体がないと行きたいところにも行けないじゃないか、と思いました。

また、残業や休日出勤している上司などを見ると、

ああ将来はああいう風になるのか、給料が上がっても責任が重くなるんじゃ

嫌だなあしんどいな、ずっと普通の社員でいいなあ、と思いました。

 

これら多くの事を「まぁ社会人やし、しょうがないか」と

受け入れられるほどなかひま大人ではありませんでした。

f:id:bohemians:20190828201855j:plain

 

 

そうしてなんやかんや月日は経ち

あんさんが会社を辞めたと聞きました。

  

仕事を辞めたい辞めたいといって辞めない人はごまんといます。

そんなウジウジと煮え切らない感情を持ってうだうだ生きるより、

ばっさりと決断したあんさんがカッコよく見えました。

(あんさんは学生時代は安全策をとるような人間だったからです笑)

 

仕事を辞めようと思うと

なんとなく今の職を失うのは怖いな

そういう感情も出てきました。

一方で、視野が広がり、あれもこれもやってみたいなと思うようになりました。

YouTubeやブログをやっているのもこう思ったことがきっかけです。)

 

 

次に何しようなとか決まっていませんでしたが、

とりあえず関西に戻りたいという気持ちが強かったので

辞めることにしました。

 

 

f:id:bohemians:20190828204536j:plain

 

何が正解かわからない世の中で一つだけ言えるのは

 

人生は一度きり。

 

そんな人生で楽しい!と思うことに重点を置いた人生はダメなのか。

楽しいことばかりのことなどない。

これはどんな状況にでも存在すると考えます。

 

でも楽しい>しんどいとなっているので成立している。

 私はそう思う。

 

今、私にとって仕事は

 

しんどい>楽しい

 

なので

 

楽しい>しんどい とか

しんどいけど楽しい

 

のような仕事はないのか。

自分で見つけ出し編み出していかなければいけないのか。

(今のところブログはしんどいけど楽しいです)

 

楽な道は逃げなのか。

厳しい道は正義なのか。

待っている結果が同じなら楽な道を歩みたいと思うのは変なのか。。

 

わからない本当にわからない。

きっとまだ私は社会に出るのが早すぎたのだ。

幼すぎるのだと思うしか納得がいかない。

 

戸籍上では23年の歳を重ねているが、その数字に心が付いて行ってない気がする。

他の人間が素晴らしく見える。なんでああなれないのかと思うし、

ああならなくてよかったなあとも思います。

 

今が一番楽しい

を目指して日々悩みもがいています。

 

いかがででしょうか。

ブログでもなんでもなく、感情の吐露ですね(笑)

ゆとり世代の戯言とかるーーく流してもらえたらと思います。

 

 

ではまた次回ーー^^