Bohemian’s Blog

BohemianS による、あれやこれやの雑記ブログ

ソロキャンプやってみた。

f:id:bohemians:20191113214331j:plain

どうも、あんさんです。

11月も中旬にもなりましたが、まだまだ冬という感じではありませんね。こちらではまだ秋です。

暑すぎず、寒すぎず。虫も少なく、キャンプにはもってこいの季節が秋です。

と、言いながらもキャンプは誘われてようやく腰を上げるようなもので、積極的に「さぁ、キャンプだ!」とはなりませんでした。

しかし、今回、グローブを買い、イスを買い、ナイフを買ってソロキャンプに繰り出しました!

f:id:bohemians:20191113215539j:plain

16:30 キャンプ地に到着。

すこし遅すぎました。テントを張って、イスを組み立てて、たき火台を組んだところで日が暮れてしまいました。

ところが、その日は満月

頭の真上に輝く月のおかげで、ずいぶん明るい夜になりました。

f:id:bohemians:20191113223945j:plain

火を熾すという作業を一人でやることは、とても新鮮でした。あまりにもイメージとは違っていて。

私のイメージしていたソロキャンプはゆらゆらと燃える火を眺めながらコーヒーを飲んでゆったりとするというものでした。

ところが、ゆったりするための火がなかなか起きない。周りは暗くなり、気温はがくんと下がり、徐々に焦りが―それこそ徐々に燃え上がる火のように―鎌首をもたげてきました。

f:id:bohemians:20191113230554j:plain

しかし、なんだかんだで火がつきました。チロチロと燃えだす種火に落ち葉や枯れ枝をのせて火を大きくし、それをなんとか薪に引火させました。

水を入れたクッカーを、火の上がった薪の上に乗せて湯を沸かす。それで食べたカップヌードルが、その日の晩飯です。

あとは、ビーフジャーキーとパイの実を食べながら火を眺めていました。

 

最後に

久々にいい時間でした。

闇の中から木の実がぽんっと投げ入れられるように出てきたときは、流石に恐怖でしたが、とても良いひと時を過ごせたと思います。

また、いつか、やってみたいです(^-^)